×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


真田コウキ
【参加シナリオ】 エリア A
【あだ名】 「コウ」・「先生」
【性別】
【年齢】 33歳
【職業】 「技術者」
【血液型】 O
【一人称】 「ボク」(目上には「私」)
【二人称】 「キミ」・「〜さん」 仲がよければ愛称
【声質】 「中性的」で少し低め
【話し方】 基本軽めな敬語「〜です、〜ですかねぇ、〜でしょう」等
【性格】 のんびり・穏やか・ヘタレ
心情はあまり表情に出さず、
どんなときもどこか余裕があるように見える。
世話焼きで自ら首を突っ込んで巻き込まれることも多々あるが、
笑って諦めるタイプ。
【得意技能】 薬学・応急手当・街の地理
【苦手技能】 運動全般
【ファイトステータス】 力:3 速さ:1 体力:1 機転:5
【髪の色】
【瞳の色】 こげ茶
【肌の色】 色白
【身長】 177cm
【体重】 61kg
【体格】 貧弱…というほどでもないが、
一言で言うと「ひょろなが」
【自由設定】  先の大神災で右足を負傷。
良く気にして見ないと分からない程度にだが
足を庇う様に引きずっており、運動全般が苦手。
元々動き回らない技術者だったので体力も無い。
足の不自由をカバーする為に、若干腕の力が強い位。
 他の市民と同じく、足の痛みと精神的不安定の対策で使い始めたSPは
最早常備薬と化しているが、薬物知識があるため、中毒、とまでは行っていない。
 仕事をする時間より、街をうろついて一般市民の悩み相談(井戸端会議含)や、
材料があれば薬の調合(場合によっては毒物や怪しい物も)
なんかをしている時間のほうが長い。
【外見設定】  軽くウェーブのかかった、肩くらいまでの黒髪を一つまとめに結ってバンダナ。
どこか眠そうなこげ茶の眼…ど近眼。
Tシャツに白衣、柔らかいこげ茶のGパン、黒い靴。
いつも「下過ぎないか?」と言われる低い位置の細眼鏡。
全体的に気にしてないのか、気の抜けた笑顔も手伝ってヨレヨレな印象。
若作り。
 普段はあまり見えないが、
金と銀の指輪をチェーンに通して首から下げている。
【白の螺旋PCさんに50質】

過去設定

  「咎」

   自分が愛したのは実の妹(口に出したことは無い)

   妹が愛したのは、兄の同僚であり先輩である医者

   医者が愛したのは妹…婚約までしていた…が、それ以上に兄を。

  大神災のその時、職場の同じ空間にいた3人。

  崩れ落ちる天井から逃がそうと、医者が外へ突き飛ばしたのは妹ではなく自分だった。

  妹と医者の2人はそのまま目の前で死亡。

  自分に残されたのは一生モノの右足の傷と、2人の婚約指輪。